服に袖を通した瞬間、こんなに胸を躍らせたのはいつぶりだろう。

sakaikun

「お前はさ、真面目すぎるとさ」。盛り上がった飲み会の席で、当時お世話になっていた

藤本編集局

顔を合わせた〝心の交流〟から
記事を生みだす

それは周りからしたら、きっと単なる世間話にしかきこえないもの。

珈琲 YOSIO

PAGE TOP