大学卒業後、地元の飲食店で一年ほどフリーターとしてアルバイトに励んでいた。どうし

当時のタウン誌編集部は、いわゆるイメージ通りの世界だった。

藤本編集局

顔を合わせた〝心の交流〟から
記事を生みだす

「お前はさ、真面目すぎるとさ」。盛り上がった飲み会の席で、当時お世話になっていた

PAGE TOP